メニュー

リフォームと建て替え、どっちがいいの? | しあわせ家

会社概要
しあわせ家

リフォームと建て替え、どっちがいいの?

リフォームするか、建て替えたほうがいいのか?

築30年を超えてくるとあちこち壊れてくるので、
どっちがお得なんだろう?と悩みますよね。

もちろん損得だけではありませんが。

この家には思い出がいっぱいあるので、
出来ればリフォームしながら住みたいと考える方もいらっしゃいます。

「そろそろリフォームの時期ですね」と言われることもあるでしょう。

また、リフォーム店に相談をすると、リフォームをするのが大前提で話が進みます。
「どんなリフォームにしましょうか?」そう質問されるでしょう。

私たちは「どんな家で暮らしたいですか?」とお聞きします。

リフォームをするのも、建て替えるのも、
大切な家族がもっと心地よく暮らせるための手段なのです。

では「リフォームと建て替え、どちらにしようか」と悩んだ時に
何を決め手にすればいいのか?

結論から先に言うと、
これはケースバイケースである要素がとても多いので、
とても一概には言えないお話です。

新築もリフォームもどちらも対応出来て、
信頼できる住宅会社さんを探して相談するのがいちばんの近道です。

それでも敢えて書くとしたら・・・ポイントは2つでしょうか。

  1. あと何年くらい持ちそうなのか?
  2. どの程度の大がかりなリフォームを希望しているのか?

例えばですが、築40年を超えるような
昔ながらのお家をリフォームしようと思った場合。

その建物が、どの程度のつくりをしていて、
どの程度痛んでいるのかによってかかる金額が変わってきます。

私はリフォームで根本的な建物寿命を大幅に延ばせるとは思っていません。

技術的には可能かもしれませんが、かかるコストを考えたときに、
「それだったら新築をしちゃった方がいいんじゃないか?」
と思うような金額を超えてしまう可能性が高いと思うのです。

ですので、これから先、まだ十分長く使えるような状態のお家であれば、
大がかりなリフォームをしてもいいと思いますが、
あまり先がなさそうに思えるときには、
どうしても必要なところだけを小規模に直してお住まいになることを勧めています。

また、大規模すぎて構造に無理がかかるようなリフォームも、
あまりオススメはしません。

例えば築30年経っているようなお家に2世帯で住みたいが、
それには部屋数が足りないので2階に何部屋も増築したいなどというケースです。

これもやれば出来る話なのですが、
そもそもそんなつもりで建てていないお家の上に重しを乗せる事になり、
構造的に不安定になります。

補強するのにも限度がありますので、
地震が来たときなどは心配なお家になってしまいそうです。

またその補強をするにも簡単にはいきません。

2階を乗せるだけなのに、
そのために1階もリフォームをする羽目になる事が多いでしょう。

費用もかかりますし、住みながらの工事だと、
ご家族への負担も大きくなります。

以上、問題になりやすい点を書きましたが、
しかしそれを踏まえた上でどうするのがいいのかを考えていくのがプロの役目です。

信頼できる住宅会社を探して相談するのが良いと思います。

はじめてのリフォーム
どこに頼んだらいいかわからない方へ
リフォームと建て替えどっちがいいの
施工の流れと工事価格
お家のかかりつけ医を持とう
新築ができる工務店のリフォーム