メニュー

バルコニー屋根の張り替え 須坂市 | しあわせ家

会社概要
しあわせ家

工事担当 宮城 昌司
しあわせ家のリフォーム日記

バルコニー屋根の張り替え 須坂市

みなさま、こんばんは。しあわせ家リフォーム担当のミヤギです。

須坂市のKさまのお住まいにて、

バルコニーの屋根の貼り替え工事をさせていただきました。

設置されてから20年以上経過しており屋根材自体もだいぶ劣化し始めていましたが

先の台風の強風で、屋根材が割れてしまっていました。

このままでは、洗濯物を干している時に雨が降ってきたら

せっかく乾いた洗濯物が濡れてしまいます。

また、次に強風が吹いた際には、更に屋根が割れて飛ばされてしまう可能性が

高そうです。

 

こちらのバルコニーです。

耐候性の高いポリカーボネート樹脂材の屋根材でしたが、

経年劣化もあり強風の影響で何カ所か大きな穴が出来ています。

 

屋根材のサイズと枚数を確認し準備が整い、工事スタートです。

 

既存の屋根材を先ずは撤去していきます。

 

屋根材の撤去が終了しました。

 

新しい屋根の材料をサイズに合わせて加工して取り付けていきます。

位置を合わせながら、端から順番に張っていきます。

 

そして、完成です。

 

これまでの汚れと劣化で曇っていた屋根が新しくなりましたので、

屋根下の空間が明るくなったような気がします。

これで、雨が降っても安心して洗濯物も干していただけます。

 

そして、今回の工事では

屋根材の劣化の他に、もう一つ大きく劣化していた部材である屋根材を留めつけるフックを

劣化に強いものに交換しています。

既設のフックです。

樹脂製でしたので、紫外線などで劣化してフック自体が割れてしまっていました。

割れることで、屋根材の保持力が低下し、風で大きくあおられてしまい屋根材が

割れてしまったと考えられます。

今回は、劣化して割れてしまうことの少ないステンレス製のフックに交換して

新しい屋根材を取り付けました。

ちょっとしたことですが、耐久性に大きくかかわってきます。

こういった部分には、拘っていきたいところです。

 

ミヤギ その他の記事はこちら

 

↓リフォームに役立つ事例集をプレゼントしています!


 

 

 

 

 

 

↓家づくりに役立つガイドブックをプレゼントしています。

btn_guidebook

 

2018年10月11日 | カテゴリー: スタッフブログ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


工事担当
宮城 昌司
しあわせ家のリフォーム日記

血液型:不明

コメント:リフォーム担当ミヤギによる、リフォーム現場の実況報告!リフォームをお考えの方は必見です。

モデルハウス見学・ご予約
しあわせ家のリクルートサイト『新卒採用情報』