メニュー

バルコニーの床の修繕 FRP防水 長野市 | しあわせ家

会社概要
しあわせ家

工事担当 宮城 昌司
しあわせ家のリフォーム日記

バルコニーの床の修繕 FRP防水 長野市

みなさま、こんばんは。しあわせ家リフォーム担当のミヤギです。

長野市のMさまのお住まいにて、バルコニーの床の修繕工事をさせていただきました。

新築してから20年程のお住まいになります。

バルコニーの床はFRP防水仕上げとなっていますが、

長年の紫外線と風雨で表面が傷み始めてきていました。

FRP防水については、一般的に、おおよそ15年程度で

表面の層にあたるトップコートの塗り替え修繕をするのが

望ましいと言われています。

こちらのお住まいでは、床部分に敷物を敷いていたこともあり、

剥げや亀裂などの大きな傷みは確認できませんでしたが、

秋の台風の際に、このバルコニーのちょうど真下にあたる1階の天井に

雨漏れが発生したのをきっかけに、

トップコートの塗り替え修繕をいたすことになりました。

台風の際にだけで、その後の降雨では雨漏れはありませんでしたので

台風の強風が大きく影響していたのだと思います。

こちらのバルコニーです。

 

立上り部分は、白っぽく変色して、全体的に少し粉をふいている状態です。

そして、バルコニーへ出るサッシの脇には、亀裂も少し見て取れます。

 

サッシの下側も同様に、亀裂と膨らみがありました。

 

台風の強風からの雨漏れは、

この様なサッシの際辺りの亀裂や隙間が影響をしていそうです。

 

修繕工事のスタートです。

敷物が外れて、バルコニーの床が現れました。

敷物の隙間から入った砂埃が、思いの外、多いです。

 

窓廻りをビニールで覆い、汚れを防いだら、現在のFRP防水の表面を

一旦削っていきます。

表面を削り取ったところで、下地処理をして、

新しいトップコートを塗っていきます。

また、亀裂などが発生していたサッシの際や下側は

しっかりと念入りに止水の処理をしておきます。

 

トップコートの施工に入ります。

エアコンの室外機の下になるところは、他に先がけて塗っておき、

室外機を所定の位置に戻したら、バルコニー全体の施工に移ります。

 

ローラーを使って立上り部分や、隅の方から丁寧に塗っていきます。

最後に一番広い床の部分を塗って、工事完成です。

 

完成しました。

施工前には、砂埃などで汚れていましたが、

すっかりキレイになりました。

これで、雨漏れのリスクも改善され、ご安心してお過ごしいただけると

思います。

冬場には、雪が積もる箇所でもありますので、

降雪シーズンの前に完了することが出来て更に良かったです。

屋根や外壁、バルコニーなどは、

雨漏れに直結する箇所ですから、定期的にメンテナンスをしていきたいところです。

 

 

ミヤギ その他の記事はこちら

 

↓リフォームに役立つ事例集をプレゼントしています!


 

 

 

 

 

 

↓家づくりに役立つガイドブックをプレゼントしています。

btn_guidebook

 

2018年12月6日 | カテゴリー: スタッフブログ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


工事担当
宮城 昌司
しあわせ家のリフォーム日記

血液型:不明

コメント:リフォーム担当ミヤギによる、リフォーム現場の実況報告!リフォームをお考えの方は必見です。

モデルハウス見学・ご予約
しあわせ家のリクルートサイト『新卒採用情報』