メニュー

縁側の床とサッシのリフォーム  長野市リフォーム | しあわせ家

会社概要
しあわせ家

工事担当 宮城 昌司
しあわせ家のリフォーム日記

縁側の床とサッシのリフォーム  長野市リフォーム

みなさま、こんばんは。しあわせ家リフォーム担当のミヤギです。

長野市のFさまのお住まいにて、縁側のリフォームをさせて頂きました。

縁側の床ですが、紫外線の影響や、サッシの隙間から入って来た砂ぼこりなどで、

表面がだいぶん傷んできていました。

縁側の床の状況です。

遠目に見ても、表面の傷みが見て取れます。

 

そして、縁側のサッシは、かなり大きな窓なので、冬場は、日当たりが良く暖かいのですが

夏場などは、かなりの日射熱と紫外線が入ってきます。

床の傷みの原因の一つと考えられます。

そして、縁側スペースの夏の熱さや冬の寒さも気になるところでした。

 

アルミサッシではなく、木の枠に、アルミ枠のガラスを取り付けたタイプの窓です。

木とアルミの間に隙間ができており、砂ぼこりが入ってきていました。

工事着手です。

床の工事から始めました。

既設の床の上に、合板を重ね貼りをして、下地を調整していきます。

その上から、新しいフローリングを貼っていきます。

縁側から繋がっている玄関ホールと廊下部分も同様に新しいフローリングを貼りました。

 

次は、縁側のサッシの交換になります。

古いサッシを取外し、下地を調整し、

 

新しいサッシを取り付けていきます。

新しい窓は、ペアガラスの断熱サッシになりました。

枠の部分も、木ではなく、サッシのセットの枠なので、しっかりと隙間なく

窓が締められます。

 

そして、完成です。

床は、それまでよりも少し明るい薄い茶色のフローリングです。

歩き心地が柔らかい無垢板のフローリングをご採用いただきました。

サッシも違和感なく取り付きました。

 

最後に、古くなった玄関の下駄箱の調子が、扉の開閉を中心に悪いということで、

新しい下駄箱に交換をさせて頂いております。

古い下駄箱はこちらです。

床のフローリングと同じ素材の下駄箱となりました。

見た目にも優しい下駄箱になりました。

収納量も増えていますので、玄関先が片付くと思います。

 

縁側のサッシが、断熱サッシ化されたことで、

縁側での過ごしやすさが、かなり向上できたと思います。

寒さや熱さは、サッシの部分が結構大きな原因となりますので、

そういったお悩みの際には、サッシの変更を是非ご検討いただきたいと思います。

 

ミヤギ その他の記事はこちら

 

↓リフォームに役立つ事例集をプレゼントしています!


 

 

 

 

 

↓家づくりに役立つガイドブックをプレゼントしています。

btn_guidebook

 

2019年09月5日 | カテゴリー: スタッフブログ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA