長野市・須坂市・千曲市で注文住宅や新築一戸建てなら「田尻木材」

BLOGしあわせブログ

2018.04.26カーテンで仕切り冷暖房効率を向上する。 長野市

color

みなさま、こんばんは。しあわせ家リフォーム担当のミヤギです。

長野市のTさま介護施設にて、カーテンの取付け工事をさせていただきました。

施設の広い1階ホールですが、施設の利用状況によっては、空間を仕切ることで

冷暖房の効率を良くできそうだということで、ご相談をいただきました。

確かにかなり広いホールなので、夜間の利用者さんの少ない時間帯などでは、

少し区切ることで、室温などが、よりコントロールし易くなりそうです。

ただし、簡単に開け閉めできないと、使い難いということで、

建具などで仕切るのではなく、カーテンで仕切ることにいたしました。

カーテンであれば、ある程度の空気の動きを区切ることができ、尚且つ、

開閉も簡単なので、必要に応じて、楽に空間を区切り広くも狭くもすることができます。

簡易的な仕切りですが、けっこう理にかなっています。

区切る位置を、利用状況などを加味しながら決定していき、施工となります。

 

広々とした1階のホールです。

 

仕切る箇所は、主に階段室と廊下部分の数カ所です。

 

予め、寸法などを計測し、カーテンを製作して施工にあたります。

施工スタートです。

天井の下地にしっかりとカーテンレールを取り付けていきます。

 

そして、カーテンを吊り込んで完成です。

 

階段室もしっかりと仕切れています。

 

同様に廊下も仕切れています。

廊下は、この他にも数カ所、カーテンで仕切り、

利用状況に対応できるようになっています。

 

カーテン1枚ですが、かなりの効果があったようで

室温のコントロールが利用状況によって簡単にできるようになったとのことです。

カーテンや暖簾のようなもので、簡単に空間を仕切ってしまうのも、

場合によっては、検討してみるのも良さそうです。

 

 

ミヤギ その他の記事はこちら

 

↓リフォームに役立つ事例集をプレゼントしています!


 

 

 

 

 

 

↓家づくりに役立つガイドブックをプレゼントしています。

btn_guidebook