長野市・須坂市・千曲市で注文住宅や新築一戸建てなら「田尻木材」

BLOGしあわせブログ

2019.01.24崩れてしまった塗り壁の修繕 長野市

color

みなさま、こんばんは。 しあわせ家リフォーム担当のミヤギです。

長野市のTさまのお住まいにて、部分的に崩れてしまった外壁の修繕工事をいたしました。

こちらの外壁ですが、壁を貫通して室内へ入っている水道管からの漏水が原因で

外壁が部分的に崩れてしまいました。

漏水は、水道管の凍結による影響からだと思われます。

 

崩れている外壁の仕上げ材を一旦全て撤去して、新しく壁の仕上げをしていきます。

土壁がこれ以上崩れないように、プライマー材で下地を固めてしまいます。

 

室内側も同様に、崩れた壁面を整えていきます。

プライマー材が乾いたところで、壁の左官工事をしていきます。

下塗りをして

その後、上塗りをして仕上げます。

キレイに修繕が完成しました。

外壁側も同様に仕上げていきます。

下塗りをして、

そして、仕上げをして、完成です。

周囲の壁と違和感の無い仕上がりになりました。

 

今回、凍結から漏水をしてしまった水道管は、室内側では、もう使用しないということから

壁を貫通することは止めて、外水道として使用できるように変更してあります。

これで、安心してお使いいただけます。

 

外壁の塗り壁は、崩れたまま放っておくと

どんどんと崩れ落ちていってしまいます。

壁ごと崩れてしまう前に、最小限のうちに修繕しておくことを

おススメいたします。

 

 

ミヤギ その他の記事はこちら

 

↓リフォームに役立つ事例集をプレゼントしています!


 

 

 

 

 

 

↓家づくりに役立つガイドブックをプレゼントしています。

btn_guidebook