長野市・須坂市・千曲市で注文住宅や新築一戸建てなら「田尻木材」

BLOGしあわせブログ

2019.02.21シミや汚れが目立ちはじめた縁側の床の修繕 長野市

color

みなさま、こんばんは。しあわせ家リフォーム担当のミヤギです。

長野市のH様のお住まいにて、縁側の床の修繕工事をさせていただきました。

新築されてから20年弱のお住まいですが、

縁側の床が雨の吹込みによる水シミや、紫外線による日焼けなどで

だいぶ見た目が悪くなってきていますので、修繕をすることになりました。

床が大きく沈み込むような劣化が発生しがちな縁側の床ですが、

H様のお住まいには、そのような劣化は無く、見た目の劣化に対しての対応となります。

こちらの縁側の床です。

掃出しサッシの際あたりから劣化が見て取れます。

雨の吹込みや、窓の結露水、紫外線による日焼けなどが、

表面劣化の原因と考えられます。

 

工事スタートです。

今回は、既設の床の上に、新しい床材を重ね貼りする方法で

床を修繕していきます。

もともとの床材自体に大きな沈み込みなどの耐性に係わる劣化やヘタリが

ありませんでしたので、下地の補強の心配がなく、安心して施工を進めていけます。

また、重ね貼りですから、新しい床材の厚みの分、床の仕上げ高さが上昇しますので、

隣の居間との床段差も少し解消できています。 これまでの床と敷居の段差の半分位の

段差に改善されました。

床材の割り付けなどを確認し、新しい床材を貼り進めていきます。

 

完成しました。

 

掃出しサッシの取り合いには、加工した材木で見切りをいれて

大きな段差や隙間が無いように施工してあります。

 

見た目にもキレイになり、計画通りの成果が達成できました。

 

表面的な劣化もそこから進行していくと、床材自体が大きく劣化してしまい

歩くたびに大きく沈み込み、床が抜けてしまうような感じになってしまいます。

そうなる前の早め早めのメンテナンスがおススメです。

 

 

ミヤギ その他の記事はこちら

 

↓リフォームに役立つ事例集をプレゼントしています!


 

 

 

 

 

 

↓家づくりに役立つガイドブックをプレゼントしています。

btn_guidebook