長野市・須坂市・千曲市で注文住宅や新築一戸建てなら「田尻木材」

BLOGしあわせブログ

2021.06.04とんがった家がいいのでしょうか?

color
Shiawaseya-とんがった家がいいのでしょうか?

おかげさまで創業110年

しあわせは、いつもの中にある。

最近は夕焼けを見るとカメラを取り出さずにはいられない、

しあわせや 田尻木材株式会社 四代目半が本業の田尻でございます。

 

トップに使った画像は、先日梓川のほとりで撮ってきました。

明るくキレイな写真というよりは、

ちょっと暗めというか、コントラストが強めの写真の方が好きみたいです。

この写真もそんな感じで撮っています。

 

 

同じモノを写真に撮っても、

撮った人全員が同じ写真になるわけではありません。

当たり前ですよね。

 

同じ要望を言ったとしても、

誰がつくったとしても同じような家になるわけではありません。

これもまた、当たり前です。

 

だからこそ、誰と、どこの住宅会社とつくるか、

というのはとても大事になります。

 

しあわせやもそうですし、

別部門の平屋住宅工房もそうですが、

すっごくとんがった家づくりをしてるわけではありません。

 

たとえば一※工務店さんみたいに「家は性能」って感じでアピールはしないし、

セキ※イハイムさんみたいに「あったかハ※ム」という感じでもない。

地産地消地元の山の木、というわけでもないし、

デザイン命!!という感じでもない。

 

「何が売りなんですか?」

って聞かれるのが、私としても一番答えにくいという会社です(汗)

それでいいのか?と思うかもしれませんが、

みなさんそんなにとがった家が欲しいわけじゃないでしょう?

と私は思うんです。

 

 

 

私は、「家づくりはバランスが大切だ」と思ってるんです。

もちろんね、かっこ悪いのもイヤです。

性能悪いのもイヤです。

自分の要望が全然入ってない家づくりも残念です。

暖かくて丈夫じゃないのもイヤです。

後々まで面倒見てくれる会社じゃないとイヤです。

 

そういうのを、バランス良く高いレベルで採り入れていって、

そこで少しデザイン的おしゃれさをとがらせて、

家族で楽しみながら家づくりをし、

そしてしあわせに暮らしていく。

それがいいんじゃないのかなぁ。

特にそこに、特徴とか売りとか、そういうのってそんなに必要かなぁ。

私はそう思っているんですね。

 

 

全然関係ない話ですが、私の愛車はフェアレディZという車です。

いわゆるスポーツカーですね。

 

そう、こんな車です。

懐かしいですね、これは2012年、納車の時の写真ですね。

私の車の担当のタナカさんと一緒に撮った写真です。

・・・なんか見たことある人のような気がしますが・・・

まぁ気にしないで行きましょう。

 

この車、スポーツカーですので、結構とんがってます。

2人乗りですから、そもそもほとんどの人は買わないでしょう。

ノンターボとはいえ、3700CCの排気量がありますのでリッター8キロ前後しか走りません。(当然ハイオクです)

カッコ重視ですから、座席が低くて乗り降りメチャクチャしにくいです。

こんな車のタイヤ、泣けてくるほど高いです。

乗り心地良くないし、高速なんか走ると車内で会話するのが大変です。

なかなか、乗ってて疲れます。

普通は買わない、とんがった車ですね。

 

まぁ極端な話ですけど、車だからそれでもいいんですよね。

でも、たとえばこういう家に住みたいか?と聞かれたら、私はイヤだなぁ。

 

 

 

モデルハウスの見学、こちらからどうぞ

 

いろんなイベントの情報はこちらから

 

タジリの過去のブログ、こちらからどうぞ

 

スタッフブログのページはこちら