長野市・須坂市・千曲市で注文住宅や新築一戸建てなら「田尻木材」

BLOGしあわせブログ

2021.11.05【家づくり】結婚観、生活観の変化と家づくりの関係。

color
Shiawaseya-【家づくり】結婚観、生活観の変化と家づくりの関係。

おかげさまで創業110年

しあわせや 田尻木材株式会社 四代目半の田尻でございます。

スタッフと一緒に車に乗っているとき、

あまりにも夕陽がイイ感じだったので、思わずカメラを出して撮ってしまいました。

記録としてはスマホでもいいんでしょうけど、

こういうときには味のあるカメラの方がエモいのが撮れます(笑)

 

NEW!このブログを音声で聞く事が出来ます!こちらからどうぞ。

 

 

 

 

最近、志事がらみで20代の既婚の女性と話していたときの事です。

「主人とはそういう『契約』なので」

というセリフが出てきました。

あまり私生活について深く突っ込んで話をしているワケではないので、世間話レベルの話ですけどね。

夫婦間の話で「約束」とか「ルール」という言葉はよく出てきますが、

「契約」という言葉が出てきたのはめずらしかったので、ちょっと聞いてみました。

 

もちろんハンコをついた契約書があるワケでもないのですが、

どうも話としては、「約束」よりは少し強い印象でした。

そもそもが、結婚という行為そのものを「契約」と言っているのかなぁ?

婚姻届と一緒に離婚届も書いてあるそうで、もし何かあったらこれを提出しよう、という事になっているとか。

結婚するときの条件って、私も考えなかったわけじゃないですが、

彼女とご主人にとって、婚姻届とは「条件の書いてない契約書」として捉えてるのかなぁ?と思えてきました。

世代的に親子ほど離れているので、そりゃ感覚なんか違うに決まっているのですが、

なんかその話しぶりが面白いと思ってしまった私。

 

 

 

 

JA全農長野 まごころ宅配編のCMで、ウチのモデルハウスが撮影会場になったんですよね。

ご覧になった方、いらっしゃいますでしょうか?

↑このCM。どうやら7日までで終わっちゃうようですが、

この背景・・・確かに、ウチのモデルハウス「クロ」ですね(笑)

 

このCM、私も実は見たことないんですが、

お父さんと男の子がご飯をつくって、それが出来上がった頃にお母さんが帰ってくる、というストーリーだとか。

それを聞いて氣がついたのですが、最近のCMって、ホント男性がキッチンに立っているシーンが多いですよね。

キッチンに立つのは女性、という感覚はもう古いのは分かっていましたが、

それがこうしてどんどん顕在化してきてるんだなって実感しました。

 

何が言いたいのかというと、結婚観とか、当然それに連動して生活観も変わってる、ってことですね。

そうすると、家づくりも変わるよなってことです。

例えばわかりやすい例としてパッと思い浮かぶのは、キッチンの高さはどうするの?ってこと。

 

キッチンの高さって、身長÷2+5センチ、という一般的な公式があるんです。

そしてキッチンの高さは、一般的なメーカーで80、85、90センチ。

標準的な高さは85センチで設定されています。

(もうちょっと細かい設定のメーカーもありますよ)

これって完全に女性の身長をターゲットに考えてるんですよね。

↑の公式に当てはめると、90センチのキッチンの高さがジャストフィットなのは、身長170センチの人。

現代の20代の男性の平均身長は171.7センチですから(2018年の政府統計による

男性の身長では90センチのキッチンを使ったとしても、

半分以上の人が低すぎることになってしまいます。

 

かといって、では20代女性の平均身長は158.7センチですから、

平均的カップルは13センチの身長差があることになります(ザックリとですが)

これは完全にキッチンの高さが1サイズ違っちゃうんですよね。

どうすんのよ??って事になります。

 

こんな悩みが、これから先の家づくりでは一般的になってくるのかなぁ??

なんてことを考えていました。

 

 

今日も、

しあわせは、いつもの中にある。

 

 

NEW!このブログを音声で聞く事が出来ます!こちらからどうぞ。

 

平屋のモデルハウス、最終見学会のご案内はこちら

 

 

しあわせやの新しい「ホテルライク」がテーマのモデルハウス、グランドオープンイベントはこちら