長野市・須坂市・千曲市で注文住宅や新築一戸建てなら「田尻木材」

BLOGしあわせブログ

2017.05.20須坂市 Kさま 床の修繕工事

color

みなさま、こんばんは。 しあわせ家 リフォーム担当のミヤギです。

須坂市のKさまのお住まいにて、床の修繕工事をさせていただきました。

玄関ホールの床ですが、長い年月、歩いて通っている箇所が、

そこを歩くたびに大きく沈み込むようになってきていました。

家の中の廊下や部屋の中、玄関ホールもそうですが、結構、同じようなルートをご家族皆さんが、

歩いているものです。ですから、長年、よく歩いている箇所の床が、他よりも傷みが激しいなんていうことが、よくあります。

特に、ある程度の築年数のお住まいでは、床のつくりが、現代に比べて、薄かったりするので

なおさら、そんな傾向があります。

 

階段から下りてきたあたりから、その先にある玄関のほうへ向かって、

歩いた時に、床に沈み込みが大きく感じられます。

すぐ脇にある和室の畳下から、床下スペースに入り、床組みの下地を補強し、

この沈み込みを修繕いたしました。

過去にも、何度か同じ箇所の修繕をされたということで、

畳の下には、床下へ入るための入り口が作ってありました。

過去の依頼先が、あまり良く直してくれなかったとのお話しがありましたので、

当社では、しっかりと修繕をいたしました。

床組みの仕組みを理解しないで、やみ雲に補強しても、効果がないものなので、

床組みの要所をしっかりと補強し、修繕完了です。

狭い床下での作業でしたが、大工さんにしっかりと施工してもらったので、

無事に、沈み込みもなくなりました。

Kさまにも、大変喜んでいただき良かったです。

ちょっとした施工の差、施工する者の心遣いの差が、

結果、大きな違いになりますので、その差を大切にしていきたいです。

 

ミヤギ その他の記事はこちら

 

↓家づくりに役立つガイドブックをプレゼントしています。

btn_guidebook