Shiawaseya

NEWLY-BUILT新築について/標準仕様

新築について/標準仕様

材料や工法につきまして、しあわせやのスタンスは「適材適所」が基本です。
私たちは、先に「物ありき」で考えたくないのです。
材料や素材についての議論より、「家族のしあわせの方が大切」だと思っています。

しあわせやのルーツは、明治43年の創業から続く「材木屋」です。
私たちは家づくりの素材について、プロとしてのこだわりや自信があります。
材木屋の目で選ばれる良い材料を使って、
地震や台風に負けない丈夫な骨組みを持つ高耐久住宅をつくっています。

しかし、家はただ耐久性が高い、素材が良いだけでは意味がありません。
ご家族の要望に寄り添い、自然素材だとか人工的な素材だとかいう枠組みを超え、
幅広くお客様に適した素材を使い分ける自由度を持っています。

プロの目で見て、いい物は幅広く採り入れる。
そしてそれを使って、お客さまに寄り添った家づくりを提案しています。
「しあわせだなぁ〜」そう思っていただける家づくりが出来たら、
私たちはそれが一番嬉しいのです。

パッシブデザイン

<光と風と熱の話> 光と風を暮らしの中に

機械に頼りすぎずに自然の力を有効活用し、快適に暮らしながら省エネを実現させる設計思想です。夏場は風をコントロール。熱い日差しは遮る工夫を。また冬場に限らず昼光を導く道を設計に取り込みます。

保証

<光と風と熱の話> 断熱について

これから永く快適に暮らしていただくために、冬暖かく、夏涼しい、結露や経年劣化に強いブローイング式断熱工法を採用。アルムアルデヒドを含まない材料を使用し、火に強く、高性能・高品質な断熱材です。

保証

<光と風と熱の話> 窓について

窓には高性能な断熱サッシを採用し、優れた省エネ効果に防露効果が期待できます。さらに、遮熱・高断熱タイプで紫外線をカットしてくれるアルゴンガス入りのLow-Eガラスにより快適な室内環境を実現しています。

保証

<構造体の話> 基礎について

基礎全体に十分な鉄筋を配した頑丈な鉄筋コンクリート造ベタ基礎を採用しています。建物全体をコンクリートの底板全体で受け止めて重量を分散し支えています。

保証

<構造体の話> 耐力壁について

家の壁全体を一体化させる、ゆがみに強い耐震パネルを用いた工法を採用しています。地震に強くなると共に、気密性能も良くなり断熱性能も向上する、とても優れた工法です。

保証

<構造体の話> 剛床について

土台等を格子状に組み上げ、その上に分厚い構造用合板を敷き詰めることにより、土台や梁など家全体を一体化させ、横からの水平力やねじれに対して強い工法を採用しています。

保証

<構造体の話> 金物について

基礎から土台、柱、梁に至るまで専用の耐震金物で強度を高めています。見えなくなる部分ほどしっかりとした施工や検査を行うことにより、高品質な住まいづくりを目指しています。

保証

<構造体の話> 断面欠損について

在来工法における柱と梁の接合部は当然断面欠損が大きくなり強度不足になりがちです。そこで、通し柱には専用の接合金物を採用し、材料の欠損を極力減らし強度低下を防ぎます。

保証

<素材選びの話> 土台と柱について

家を支えるに当たり重要な材料である土台と全ての柱には高強度・高耐久に優れるヒノキ材を採用しています。 またヒノキは防虫性や抗菌性が高いため白アリにも強く、さらに腐朽菌にも侵されにくい特性を持っています。

保証

<素材選びの話> 無垢の床について

木が持つ本来の肌触りや風合いを直接感じられる無垢の床材を採用しています。裸足で歩いたり、寝転んで安らいでみたりすると大変気持ちが良いです。 時と共に変化する木の表情も日々味わうことができ、愛着のある住まいをつくります。

保証

<検査と保証の話> 住宅瑕疵担保責任保険について

すべての新築住宅を建てるお客さまに、国が定めた第三者機関による安心の10年保証を行っています。 建築中はこの保証機関が家の構造体や雨漏りの検査を入念に行います。 暮らしを守る安心が備わった保険に加入して頂きます。

保証

<検査と保証の話> 地盤保証について

地盤に合わせた基礎の仕様を提案するために地盤調査を行います。調査結果により軟弱な地盤で改良工事が必要の場合、地盤の補強工事を行います。 その場合、地盤改良工事後に保証書の発行を致します。

保証

<検査と保証の話> シロアリ保証について

お引渡し後10年以内のシロアリ被害発生に対し、最高1000万円の安心保証をお約束いたします。 基礎と土台の間にキソパッキンを敷きこむことで自然の気流を活かした床下全周換気により、シロアリを寄せ付けない環境をつくります。

保証

<検査と保証の話> 社内検査について

建築中、工務と設計で自主検査を行います。大工工事完了後の「木完検査」と全て完成した後の「竣工検査」の2回となります。 一人の目だけではヒューマンエラーを生じてしまう可能性がありますが、ダブルチェックでより厳しいチェックを行っています。

保証

<検査と保証の話> 定期点検について

お引渡し後、1、2、5、10年の計4回定期点検を実施しています。お引渡し後は住宅周辺環境の影響やご家族のライフスタイルの変化によって、どうしても経年劣化や摩耗などが発生します。お家が長持ちするようにメンテナンス担当が訪問し、お客様と一緒に対策を考えます。通常の使用方法で故障や不具合を起こしたケースであれば、お補記私後5年間の修理メンテナンスを無料にしています。