長野市・須坂市・千曲市で注文住宅や新築一戸建てなら「田尻木材」

WORKS 新築施工事例

設計士“Y”の家

color

Descriptionこだわりポイント

しあわせやの設計士“Y”のマイホーム。
白い外壁でシンプルにまとめた外観。エントランスの門柱にガビオンを採用し、空間にアクセントを加えました。
室内は色の濃淡が美しいアカシアの床材を。
中庭を作ることで、どこにいても柔らかな日差しが入ります。
鉄骨階段の下にあるカウンターは、愛用のカメラのお手入れや、本を読むのもちょうど良い高さにしました。
2階に浴室とランドリールームを作ることで、1階部分を広く使うことができ、家事効率も良くなりました。
(長野市)

デザインスタイル

Storyお家ができるまで

設計士“Y”の家1
自然を感じることが出来る「光庭」、長野市のY様

Y邸。この家は「住む」という事を改めて考え直すことから家づくりはスタートしました。
計画中は家に帰ると、仕事でお客様に対するように妻へのプレゼンを実施する日々。
しかし、次第にONとOFFの使い分けが出来なくなり、時には手厳しいご意見を頂くことも時も多々ありました。
日々の生活でストレスを感じさせない間取りを、何度も話し合い検討を重ねてきました。
結果、お互いの好みを尊重しつつ、共存出来るようなデザインや機能を取り込むことが出来ました。
特に自然を感じることが出来る「光庭」の存在は大きな効果を感じています。
誰にでもおすすめ出来る家ではありません。しかし、私たちが満足している事に間違いはありません。
「住む」という可能性を大きく広げる事が出来た家づくりとなりました。

Impression感想

設計士“Y”の家1
Q.家を建てようと思った理由は?

①持ち家をいつか設計したかったという夢 ②賃貸の暮らしでは全然落ち着いた生活が出来ない

Q.悩んだこと

①設計(何を優先させるかをだいぶ悩みました) ②資金面

Q.我が家自慢、ここにこだわりました!

①光庭の役割(通気と採光、四季を感じさせてくれる、奥行き感を広げる効果) ②ビルトインガレージが活躍(天候に左右されないで乗り降りが可能、車の保護) ③愛着のわく小さな庭(苦にならずに手入れが行き届ける大きさ)

Q.

Q.