長野市・須坂市・千曲市で注文住宅や新築一戸建てなら「田尻木材」

BLOGしあわせブログ

2022.03.03【注文住宅】後悔しない家づくりのために大事なこと、なんだけどみんなやらないこと。

color
Shiawaseya-【注文住宅】後悔しない家づくりのために大事なこと、なんだけどみんなやらないこと。

おかげさまで創業110年

しあわせや 田尻木材株式会社 四代目半の田尻でございます。

 

今年って、よく降りますね、雪・・・

雪かきその他で、右手首がおかしいです(^_^;

 

今日お話しすることは、

【注文住宅】後悔しない家づくりのために大事なこと、なんだけどみんなやらないこと。

というお話しです。

今日お話しするこの発想、普通はたぶんしないです。

私もこれ、ブログに書くのはちょっとためらいます。

人間関係が出来てる人にぶっちゃけ話として話してきたことなので、

私やしあわせやのことを知らないで読んじゃうと誤解されないかな~って。

でもまぁ、大事なことなので書いちゃいますね。

 

このブログを読まない方がいい人

・家づくりの値段を安く抑えたい氣持ちが強い人。

・もう本当にギリギリ一杯の予算をつかって計画を既にしている人。

たぶんこのどちらかに当てはまる方だと、ご理解いただけないか役立たない話なのでスルーして下さい。

 

では、始めますね。。。

 

 

 

 

 

今日の私の話をひとことで言うと、

「変にガマンしちゃダメよ」とか「使うべき所にはちゃんとつかってね」

というお話になります。

 

まだ私が住宅屋として駆け出しの頃、ウチの会長(オヤジ)から聞いた話です。

あるお家の設計で、8畳間があったんだそうです。

でもそのお家の設計打ち合わせの最中、金銭的なことを氣にし始めたお母様が、その部屋を6畳間にすると言い出したそうな。

(2世帯同居がわりと普通だった頃の話です)

で、親がそう言うので、、、と若世帯もしぶしぶ同調し、工事が進んでいきました。

 

さて、もうじき家が完成する、という頃、そのお母様が現場に来て下さったそうです。

自分で小さくすると言いだした、その和室へ入ったお母様。

しばらくその部屋にとどまって、独り言のようにつぶやいていたそうです。

「どうして8畳にしなかったんだやぁ・・・

そのくらいのゼニ、用意出来なかったわけじゃねぇのに・・・(信州弁ね)」

会長はその話をして、私になんと伝えたかったのかはよく覚えていませんが・・・

私はそのエピソードは、胸にしっかり刻まれました。

 

 

 

【注文住宅】後悔しない家づくりのために大事なこと、↑の話から私が感じたこと。

最初に申し上げましたが、

・家づくりの値段を安く抑えたい氣持ちが強い人。

・もう本当にギリギリ一杯の予算をつかって計画を既にしている人。

には、この話はまったく意味がないのですけどね。

 

私がこの話を聞いて思ったこと。

・お客様は、家づくりという高額なお買い物に多かれ少なかれビビっている。

・だから、時に安くなる!という魔力にかかってしまい、冷静な判断を失ってしまうことがある。

・そこで「お客様の要望だから」と私たちがそれを聞き入れることはカンタン。

・でもそれって、お客様が先々、後悔することにならないのか?

・あるいは建築屋として、設計士として、それをどう判断するのか?要望されたからってやって良いことか?

・少なくとも「私はこう言うことを心配しているが」と注意喚起はする必要がある。

・それをどうやって説得力のある話として話すことが出来るのか、がプロとしての大事な技量のひとつ。

そして・・・

 

 

 

 

【注文住宅】後悔しない家づくりのために大事なこと、お金の話を月々に分解することも必要。

ここが、すごく書きにくい所なんだけど、なかなかお客様もやらないし、

そして建築屋としても、なんか売りつけるようだから言いにくいことなんだけど。

 

それをガマンして下がる満足度

と、

それを手に入れたときに支払わなければいけない月々の額

の比較。

これが、実はすごく大事だと思っている。

(くれぐれも契約金額をつり上げる目的で使ってはいけない!)

 

冒頭に話した6畳間にして失敗した方の話。

なぜ会長が私に話したかというと、この話はその時だけで終わらず、

後々まで尾を引く後悔になってしまったからなのです。

いっそ、手が届かないものであったら諦めもついたのに、

手が届くのに渋ってしまったという所が、より一層悔やまれることになってしまった。

 

誤解を恐れずに言うと、

つまらぬ節約は、「根拠を示して却下」するのも、プロの仕事なのだ。

と、私は思うのですよ。

 

例えばね・・・

 

↑先日所用で久々に500万円手に持ちました。思わず写真撮っちゃった。。。

---

 

↑この500万はなかなかですが、100万円だって大金ですよね!

これやったら建築費用が100万円下がる!となったら、

「えぇい!ガマンしちゃえ!」

となる人もいらっしゃるでしょう。

もちろんそれ、悪い事じゃないですよ。

ただ、していいガマンかどうかを冷静に判断して欲しい、それだけなんです。

そのために、ちょっと100万円を分解して欲しいんです。

 

こういうの、よくある話ですけど敢えて書きますよ?

 

100万円は、大金です。

でも、100万円って、35年ローンで考えると、

月々3000円なんです。

 

月々3000円ってことは、1日100円なんですよね。

1日100円無駄遣いしてる人はあんまりいないと思いますけど、

でも何かやりくり出来ない額でもない気がします。

(月3000円、って考えた方がやりやすいケースもあるけど)

 

毎日コンビニ寄ってませんか?

たばことかお酒とかお菓子とかジュースとか。

スマホのプラン適切ですか?サブブランドでもいいんじゃない?

その車の買い換えを1年延ばすとか?

よく分かんない保険、なんか入ってたりしません?

ネトフリ、スポティファイ、有料アプリ、本当に必要?

などなど。

そんなこと言われなくてもやってるよ!!

って方も多いですよね、ゴメンナサイ。

 

 

 

 

この6畳間の話。

実は、似たようなことをお客様と経験してます。

絶対この方にはこれ必要だよな、便利に使ってくれるアイテムだよな、って、確信してたものがあったんです。

(経験長いんで、私のこういう勘って、けっこう当たります)

で、その方は結局それ、つけなかったんですよ。

でも2年後・・・

「社長さんの言うこと聞いておけば良かったです・・・」

という言葉と共に、それをつける依頼が来ました。

つけましたよ、後からつけられるものだったので。

ただし、最初につけたときの倍の値段になりましたけどね・・・

 

なんでも手に入れて下さい、買って下さい、というつもりはありません。

しかし、それガマンするべき所なのか?

後悔しないのか?

何かを工夫することで、それはなんとか手に入れられるのではないか?

 

迷ったとき、ちょっとそんな事も考えてみて欲しい。

そう思っています。

 

 

以下、趣味の話。

 

 

最近バタバタしててブログ書くのがずいぶん久々になっちゃったんで、

この写真の公開も遅くなっちゃったんですけど。

奈良井宿で撮ってきた写真です。

ちょっと雪が降り過ぎちゃってて、

この角度で街を撮るのが私的に好きなんですが、

そうするとモデルさんとの距離があきすぎてしまい、雪で顔が見えなくなってしまって・・・

苦肉の策って感じの写真です。

これはこれで、なんとなく氣にいってるんですけどね(笑)

 

 

あーー!そうそう。

今週末の5,6日は、見学会を長野市青木島でやってます!

めずらしく予約不要なので、ぜひ気軽に見に来てね!!

くわしくはこちらから

 

 

ってことで、

今日も

しあわせは、いつもの中にある。

会社のコンセプトを伝えるページ

モデルハウスの見学、こちらからどうぞ

 

いろんなイベントの情報はこちらから

 

しあわせやのお家の施工事例写真はこちらから

コンシェルジュのブログはこちら

タジリの過去のブログ、こちらからどうぞ

スタッフブログのページはこちら

平屋が気になる方はこちらへどうぞ