長野市・須坂市・千曲市で注文住宅や新築一戸建てなら「田尻木材」

BLOGしあわせブログ

2022.01.18【家づくり】こどもみらい住宅支援事業と平屋が増えてる理由

color
Shiawaseya-【家づくり】こどもみらい住宅支援事業と平屋が増えてる理由

おかげさまで創業110年

しあわせや 田尻木材株式会社 四代目半の田尻でございます。

 

こどもみらい住宅支援事業と平屋が増えてる理由

というタイトルにしておりますが、

特にこの2つを関連付けてお話しするわけではありません(汗)

別個のお話しです。。。

 

 

↑エアコンの室外機をエモいと思ったのは初めてだった・・・

 

 

こどもみらい住宅支援事業とは?

詳しいことはここにありますが、

ザックリ言うと国が一定の性能を確保してることを証明出来た家に対して、補助金をくれるって制度です。

その額は、新築だと60万~100万の間ですね。

でもこれ、申請手数料を住宅会社に払う必要があると思うので、まるまるそれだけもらえるって感じでもないと思います。

なんにしても、家を建てる人にとってはありがたい制度ですね。

あ、対象になる人は、

平成15(2003)年4月2日以降出生のお子さんがいる人か、

昭和56(1981)年4月2日以降出生の方がいる夫婦、

のどっちかですね。

 

 

 

 

こどもみらい住宅支援事業、いつまでもあるワケではない

そうなんです。

これ、予算が542億円予定なので・・・

家何軒分になるのかよく分かりませんが、この予算が消化されたら終わりになります。

今年度、丸々あるわけじゃない、と思います。

ちなみに昨年まであった制度のグリーン住宅ポイントは、けっこう年末までありましたが、今回はどうなんでしょうね?

(予算は結構少ないらしい)

いやだなぁ、この境目にあたってもらえるもらえないって話は、ホント辛いんだよなぁ・・・

「絶対これに当てはまりたい!」という方は、早めに行動を。

 

 

 

 

平屋が増えてる理由って、なんだろう??

平屋が増えてる理由については、まぁ半分雑談だと思って聞いて下さい。

平屋がなぜいいのか?という話は、こちらを見ていただいた方がいいんですが、

そんなのは昔から分かってた話でして、

なんでここに来て平屋を建てようとする方が増えたのか?というお話しです。

 

例えば5年10年前は、こんなに平屋を建てる人は多くなかったんですけど。

何が変わったのかなぁ?と考えてみると思い当たることがひとつ。

それは・・・

 

バルコニーがなくなった

例えば5年前と今で、大きく変わったことに、

2階建ての家でもバルコニーがない家が増えてるんです。

ウチでザックリ言うと半分くらいないかなぁ??

って思って、今ウチの会社にある、

ただいま工事中&これから工事予定の2階建ての家の模型を見て来ました。

ビックリ!

 

 

 

 

なんと、

四分の三が、バルコニーなしだった!!!

多いなーって思ってたけど、半分越えてここまでとは思ってなかった(汗)

これは住宅会社の提案によって左右されるので、しあわせやでは、です。

にしても、5年前はほとんど100%ついてたからね。

この数年間で何があったんだ?!って感じ。

花粉症とかPMなんとかがあるから、外干しの需要って減っちゃったんだね。

 

洗濯物をどこに干す?

そういえば、昔、平屋を建てるときに「洗濯物をどこで干すんだ?」って話が良くあった気がする。

洗濯物=外、という認識だったので、悩みの種だった。

ひょっとしたらそれが、平屋を建てない理由のひとつになっていたか?

 

また、20年前、4人家族の家って40坪だった。

今は30~32,3坪になった。

昔は納得出来る大きさの平屋は、よくある大きさの敷地だと難しかった。

でも家の広さ感覚が小さくなったので、よくある敷地にも納得出来る大きさの平屋が建つようになった。

 

このあたりが、平屋が増えたことに影響してるのかなぁって、こっそり思ったのでした。

 

今月末、平屋の新しいモデルハウスが千曲市でデビューしますので、

良かったら見に来てね♪

 

ってことで、

今日も、

しあわせは、いつもの中にある。

会社のコンセプトを伝えるページ

モデルハウスの見学、こちらからどうぞ   

 

いろんなイベントの情報はこちらから   

 

しあわせやのお家の施工事例写真はこちらから

コンシェルジュのブログはこちら  

タジリの過去のブログ、こちらからどうぞ 

スタッフブログのページはこちら

平屋が気になる方はこちらへどうぞ