長野市・須坂市・千曲市で注文住宅や新築一戸建てなら「田尻木材」

BLOGしあわせブログ

2022.11.21長野の工務店でおしゃれな家づくりを! 施工事例もご紹介します

color
Shiawaseya-長野の工務店でおしゃれな家づくりを! 施工事例もご紹介します

家づくりをするならば、せっかくなのでおしゃれな家にしたくありませんか?

今回は、長野にお住いの方に向け、工務店でおしゃれな家を建てたいという場合に検討すべきポイントをご紹介していきます。

 

具体的には、ハウスメーカーや設計事務所と比較したときの工務店の違いとは何か、工務店に家づくりを依頼するメリット・デメリットとは何なのかなどを切り口にご案内していきます。

そして、実際の工務店が建てる家の施工事例も多数掲載しますので、ぜひ家づくりの参考にしてください。

 

おしゃれな家づくりはどこに依頼すべき?

 

テレビで見るようなおしゃれな家をつくりたいと思ったものの、そもそもどこに依頼したらいいかわからないと身動きが取れません。家づくりを依頼する場合、ハウスメーカー、設計事務所、工務店という選択肢があります。

それぞれ、どんな違いがあるのでしょうか?

 

ハウスメーカー

ハウスメーカーの定義は明確にあるわけではありませんが、一般的には、全国展開しているなど商圏が広く、テレビCMなど各種マス媒体に広告を多く配信して知名度が高い会社を指すことが多いです。

 

おそらく、多くの方が注文住宅を作っているところとして思い浮かべるのがハウスメーカーでしょう。建売住宅からデザイン性の高い注文住宅まで、あらゆる希望に沿ってくれます。

 

ハウスメーカーの特徴は、それぞれの会社によって個性があることですね。とある会社は家のデザイン性より機能性重視で売り出していますし、また別の会社は外壁材の頑丈さを全面に押し出してアピールしています。この中から、自分が好みのハウスメーカーを探していきます。

 

確かにハウスメーカーならブランド力が高いところだと安心はできますが、その分、費用が高い点がネックです。ランニングコストがかかる住宅展示場を多数持っていたり、広告宣伝費にコストを結構かけていたり、営業マンを多く抱えていたりするので、当然ながら、家を建てる費用に跳ね返ってきます。

一方で、費用を抑えようとしてローコスト住宅を建てようとすると、逆にデザイン性は失われてしまいます。実際の施工は下請け会社が行うことがあるので、品質もどこまで担保されるかが不透明な場合もあります。

 

設計事務所

少し意外かもしれませんが、おしゃれな家は設計事務所に依頼することも可能です。ただし、デザイン性に非常に優れた家しか扱わないというところもあるため、まず依頼する敷居が高いことがデメリットになります。そして、おしゃれなデザインにこだわるため、費用も高くなることが多いでしょう。

 

また、毎回、施主の希望に応じてデザインを考えることが多いため、設計、施工などに時間を要することがあります。工務店やハウスエーカーよりも、竣工までに長くかかる可能性があります。

 

工務店

おしゃれな家づくりを目指すとき、もっともおすすめなのが工務店です。一般的な注文住宅は工務店が多く請け負っていますし、希望の仕様で建築する場合、ハウスメーカーや設計事務所と比較して、コストを最も抑えることができるでしょう。

 

得意としているデザインや仕様の傾向があるため、過去の施工事例から、自分好みの工務店を探しやすいというのも一つのメリットです。

おしゃれな和風の家を作ってほしいという方もいれば、北欧スタイルの家に住みたいという方もいるでしょう。それぞれを得意とする工務店に声をかければ、実績と共に詳しい話を聞いて具体的な家をイメージできます。

 

最近では、工務店が自社の個性を強めるため、依頼者の好みのテイストが得意な建築家を仲介して運営しているところもあります。とことん希望通りのおしゃれな家を作ることに集中してくれているので、大きな失敗を避けられます。

 

工務店は自ずと地元密着スタイルになるため、地域特性に合わせた設計・施工が可能であり、竣工後の相談やメンテナンスの面でも近いので安心できます。

 

また、創業から長い年月が経っている工務店は、設計や建築に関する実績が豊富であり、その地域で信頼を得られていることが多いので、そういった面でも安心できるでしょう。

 

長野の工務店でおしゃれな家づくり

出典:しあわせやWEBサイト https://www.siawaseya.net/faq/173/

 

工務店に依頼するメリット

ハウスメーカー、設計事務所、工務店の違いを見てきましたが、それでは、工務店に家づくりを依頼するメリットとは何なのでしょうか。

 

ここでは、一般的に言われている、工務店に家づくりを依頼するメリットをご紹介していきます。

 

メリット① 工務店は地元密着なのでいろいろと安心できる

工務店は、基本的に自社の地域を商圏としています。建築が始まると職人が現場に通うことになるため、会社から車で1時間程度の距離を施工対応エリアとしているケースが多いです。

そのため、何か問題や相談ごとがあったときに、担当者だけでなく会社として対応してもらえる安心感があります。

 

また、地元密着型のビジネスは、地域での評判を落とすと会社の存亡にかかわるため、信頼をなくすような問題を起こしにくいと言えます。

 

そして、家は建てて終わりではなく、何十年も先まで使うものです。ライフスタイルや家族の構成が変わることによって間取りを変えたり、設備を変えることもあるでしょう。そういったときに、ハウスメーカーでは担当者制で担当が変わってしまいますし、設計事務所では設備の更新などにはあまり関わらない可能性があります。

そうすると、もっとも気軽に依頼できてしっかり対応してくれるのは工務店になります。

 

家づくりにおいて、地元密着の会社を選ぶというのは、施主様にとっていろいろとメリットがあるのです。

 

メリット② 工務店は施工の自由度が高い

工務店は対応が柔軟で自由度が高いと言われています。

建売住宅は別ですが、注文住宅を建てる場合、ハウスメーカーでは仕様・材料などが予め決められていて変更しにくいところがあります。その点、工務店は、法や構造的に問題がなければ、比較的柔軟に対応してくれるでしょう。

 

家づくりにおいて、強いこだわりがあったり、後から何かを変更せざるを得ない場合は、工務店に依頼した方が無難でしょう。

 

メリット③ 工務店は費用を抑えられる

工務店で家づくりをする場合、一般的には費用を抑えられると言われています。

その理由としては、ハウスメーカーほど販売管理費がかかっていない、設計事務所ほどオリジナリティの高いデザイン・設計ではないことなどがあげられるでしょう。

 

ハウスメーカーは、材料を一括仕入れしたり、大量生産したりしてコストを下げています。しかし、ランニングコストがかかってしまうタイプの住宅展示場を多数抱えていたり、営業マンが多くいること、そして広告宣伝費に多く使っているため、販売管理費が高くなる傾向にあります。

また、材料を一括仕入れしていることから、建築する地域の気候風土に合わない材料を使用せざるを得ないこともあります。

例えば、非常に乾燥する地域で育った木材を、湿度が高く降水量が多い地域の家づくりに使用するなどです。そういった場合、長持ちしないこともあるでしょう。

 

同じ仕様で家を建てるとしたら、地域に合った材料で、コストパフォーマンスの良い家を建てられるのが工務店のメリットです。

 

長野の工務店しあわせや田尻木材でおしゃれな家づくり

出典:しあわせやWEBサイト https://www.siawaseya.net/reform/

 

工務店に依頼するデメリット

工務店に依頼する場合、メリットばかりではありません。いくつか注意すべきポイントがありますので、代表的なものを取り上げます。

 

デメリット① メンテナンスの問題

オリジナリティの高い工法で建築したり、特殊な材料を使っている場合、あとでその工務店以外のところに依頼して改修しようとしても、簡単に工事できない場合があります。

つくった人にしか分からない・・・といったことになりかねません。

 

そのため、工務店に依頼する際は、ベーシックな工法で、高いクオリティを実現している会社を選ぶと良いでしょう。

 

デメリット② 品質の問題

担当した人によって知識に差があったり、施工する大工の品質が一定でないことがあります。

そのため、見学会や相談会などに参加して、いろいろな担当者に積極的に相談してみましょう。また、過去の施工事例を見ることも大切です。

口コミや会社の評判を調べることが出来れば、過去に問題があったかどうかわかるので、家づくりを始める前に調べることもおすすめします。

 

デメリット③ 完成後の状態が見られない

工務店は、モデルハウスや住宅展示場を持っていなかったり、完成見学会を行っていないこともあります。

また完成見学会を行っていても年に数回など、見たいタイミングで見られないこともあります。

 

そのため、常設のモデルハウス・住宅展示場を持っている工務店や、完成見学会を良く行っている工務店は、完成後の状態を確認できるので、選ぶ際のポイントになるでしょう。

 

長野でおしゃれな家づくり「しあわせや田尻木材」

出典:しあわせやWEBサイト https://www.siawaseya.net/concept/

 

「しあわせや田尻木材」について

しあわせや田尻木材は、長野市にある工務店です。

施工対象エリアは、長野県長野市、須坂市、千曲市、中野市、上田市、小布施町などで、地元密着の工務店として、「人のつながりつくるために」住まいのご提供をしています。

 

注文住宅をご提供しており、打ち合わせに時間をかけて徹底的にご要望を聞き、手間ひまをかけて一見、非効率な家づくりをしています。「お客様にとってのNo.1を目指した家づくり」を実現するために、それが必要だと考えています。

そのため「商品」と「ノルマ」がありません。

 

工務店のデメリットとして、メンテナンスの問題がありました。

しかし、しあわせや田尻木材では、特殊な工法で家づくりをしていません。他社がメンテナンスすることになったとしても、簡単に行えるようにするためです。ベーシックな物の組み合わせでも、丁寧につくればきちんと高い性能の家をつくることは出来ます。

 

常設のモデルハウスも複数所有する工務店です。いつでも見学できますので、完成後のイメージが湧かない・・・といった心配もありません。

 

長野のおしゃれな家「しあわせや田尻木材」

出典:しあわせやWEBサイト https://www.siawaseya.net/modelhouse/

 

長野の工務店「しあわせや田尻木材」の施工事例

ここからは、長野で家づくりをしている工務店、「しあわせや田尻木材」の施工事例をご紹介していきます。

いろいろなご要望を元に家づくりをしていますので、さまざまなカタチがあります。

ぜひ家づくりの参考にしてみてください。

 

 

愛犬と共に暮らす ペレットストーブのある小布施町の家

長野県小布施町の施工事例です。

家の中の中心をリビングとし、その周りに小上がりになっている畳のダイニングやキッチン、土間があります。

 

長野で愛犬と暮らす家「しあわせや田尻木材」

 

畳のダイニングは珍しいかもしれませんが、こだわりが見られる箇所でもあります。ダイニングとして使うだけでなく、書斎として使ったり、子どもや愛犬などがくつろぐ場として使用できます。畳がある場所は、このように使用用途がたくさんあるのが嬉しいですね。

 

長野で愛犬と共に暮らす家「しあわせや田尻木材」

 

また、主寝室を2階ではなく1階にもってくることにして、平屋のような暮らしもできるようにしています。注文住宅だからこそ実現できる間取りですね。ご年配の方がいる場合は、2階を利用せずに過ごすことができます。

 

長野で愛犬と共に暮らす家「しあわせや田尻木材」

※長野の工務店「しあわせや田尻木材」のおしゃれな施工事例はこちらから

 

家族の時間を増やす、家事ラク動線の長野市の家

長野県長野市の施工事例です。

子どもが多く、毎日忙しく過ごしているのであれば家事ラク動線の導入を考えてみませんか?動線は普段あまり意識しないかもしれませんが、家づくりにおいては重要なことです。

 

長野で家族と暮らす家「しあわせや田尻木材」

 

こちらの施工例では、水回りを広めにし、乾燥機置き場を作ることで家事の時短に貢献しています。料理をしながら家族を見渡せる対面キッチンにすることで、家族で話せる時間を増やすことにも成功しました。

 

長野で家族と暮らす家「しあわせや田尻木材」

 

まだ小さいお子さんだと仕切りがない部屋でも遊べますが、将来大きくなったときのことも考えて、3つに仕切れる子ども部屋も用意。少しのアレンジだけで部屋の間取りを変形できるようにするのも賢い方法です。

家事をラクにすると同時に、生活感が出ないよう工夫されたおしゃれなデザインです。

※長野の工務店「しあわせや田尻木材」のおしゃれな施工事例はこちらから

 

モデルハウスの夢を叶えた長野市の家

長野県長野市の施工事例です。

 

長野で家族と暮らす家「しあわせや田尻木材」

 

間取りはモデルハウスと同じにしていますが、その中にもアレンジを加えて個性を出しています。1階には和室を追加し、客間として使えるようにしました。将来的には寝室としても使えるため、1室あれば便利です。

 

長野で家族と暮らす家「しあわせや田尻木材」

 

今のご時世も考えて、家に入ったらすぐに手洗いうがいができる洗面台は広く取っています。こういったちょっとした工夫も間取りの中に組み込めるのが注文住宅の良いところですね。

 

長野で家族と暮らす家「しあわせや田尻木材」

 

もしモデルハウスが気に入ったら、それをベースとして家を作り上げていくという方法も楽しいのではないでしょうか。自分の目で実際に見た家が元となっているのなら、失敗のリスクはかなり軽減します。

 

長野で家族と暮らす家「しあわせや田尻木材」

※長野の工務店「しあわせや田尻木材」のおしゃれな施工事例はこちらから

 

畳スペースが家族を優しくつなぐ高山村の家

長野県高山村の施工事例です。

外観からおしゃれにしたこちらの施工事例は、外観をベージュとブラウンの2色にしています。

 

長野で畳のある家「しあわせや田尻木材」

 

室内はナチュラルテイストにし、どこか可愛らしさを残す内装です。木目がぬくもりを感じられるようにしているので、優しい印象になります。

 

長野で畳のある家「しあわせや田尻木材」

 

L型に配置したLDKはリビングの勾配天井で広がりを感じて。中心に小上がり畳をつくることで、空間に変化が生まれました。

畳に腰掛けたり、ゴロゴロしたり、書斎スペースとして使ったりと用途が広がります。

 

長野で畳のある家「しあわせや田尻木材」

 

部屋は用途によって間取りが変わるのが一般的ですが、フリースペースを多く作ってどんな用途にも使えるようにしているのも魅力のひとつです。

 

※長野の工務店「しあわせや田尻木材」のおしゃれな施工事例はこちらから

 

たくさんのこだわりが散りばめられた千曲市の家

長野県千曲市の施工事例です。

 

玄関にもこだわりを作りたい方は、帰宅後にすぐ手を洗える洗面台を設置するのも良いですし、上着を脱いでかけるためのちょっとした衣装スペースや、上着を脱ぐときに鞄を置くスペースを確保するのもおすすめです。

 

長野県千曲市の家「しあわせや田尻木材」

 

和室は1室欲しいという方も多いのですが、仕切りをロールスクリーンにするだけでおしゃれ度がアップします。完全に仕切ると室内が狭く見えるので、やんわりとした仕切りを使うだけにしておくのもアリでしょう。

 

長野県千曲市の家「しあわせや田尻木材」

※長野の工務店「しあわせや田尻木材」のおしゃれな施工事例はこちらから

 

南欧風の可愛らしい長野市の家

長野県長野市の施工事例です。

南欧テイストは、外壁材は白にして、屋根材はカラフルにするととてもおしゃれに見えますね。家の周りに植える植物や木々も、南欧風にすると雰囲気が出ます。

 

長野で南欧風の家「しあわせや田尻木材」

 

室内には、アーチ型を使うことで曲線美を強化。直線的な室内と比べて柔らかな雰囲気に仕上げることができています。絵本を読む子どもや読書が好きな方は、おうち全体を図書館のように仕上げて、趣味やこだわりを家と一体化することもできます。大きな壁一面の本棚を用意してみるのも良いですね。

 

長野で南欧風の家「しあわせや田尻木材」

※長野の工務店「しあわせや田尻木材」のおしゃれな施工事例はこちらから

 

心地良い 小さなヌックのある上田市の家

長野県上田市の施工事例です。

屋根の形だけで家の外観のおしゃれ度がガラリと変わるので、片流れ屋根なども検討してみてはいかがでしょうか。

 

長野で小さなヌックのある家「しあわせや田尻木材」

 

こちらの施工事例の最大の魅力はヌックと呼ばれるスペースで、階段下を利用し、腰掛けたり中で本を読めるようにしています。狭小住宅でも、スペースを上手く活用すれば狭さを感じないようにできますね。

 

長野で小さなヌックのある家「しあわせや田尻木材」

※長野の工務店「しあわせや田尻木材」のおしゃれな施工事例はこちらから

 

フレームキッチンのあるカリフォルニアスタイルの中野市のお家

長野県中野市の施工事例です。

カリフォルニアスタイルの家もおしゃれです。外観には白い窓枠を採用し、室内はモノトーンでシックな雰囲気に。

 

長野でフレームキッチンのある家「しあわせや田尻木材」

 

柔らかさを出したい部分には無垢材を使うなどし、素材感も考えるとアクセントになります。

 

長野でフレームキッチンのある家「しあわせや田尻木材」

※長野の工務店「しあわせや田尻木材」のおしゃれな施工事例はこちらから

 

GK“M”の長野市の家

長野県長野市の施工事例です。

しあわせや現場監督“M”さんが作った家は、なんと3年もの構想を経て完成しました!これから先、何十年と住んでいく我が家を作るのであれば、時間をかけて考えてみるのも一興でしょう。

 

GK“M”の長野市の家

 

女性が多い家だと洗面台が複数あった方が良いので、こちらの施工事例ではツインの洗面台を導入しています。グレードや種類が固定されていない注文住宅では、家庭のライフスタイルやライフステージに応じて、選択肢が多くなっています。

 

GK“M”の長野市の家

※ 長野の工務店「しあわせや田尻木材」のおしゃれな施工事例はこちらから

 

家族みんなが心地良く暮らす2世帯住宅の須坂市の家

長野県須坂市の施工事例です。

 

2世帯住宅の須坂市の家

 

年配のご両親が暮らす部分は平屋であることも大きな特徴で、日当たりの良い南側にリビングや寝室を配置したため明るい家となりました。息子さんご夫婦が暮らす部分は2階建てになっていて、それぞれの世代別の暮らしやすさを追求しています。

 

2世帯住宅の須坂市の家

※ 長野の工務店「しあわせや田尻木材」のおしゃれな施工事例はこちらから

 

まとめ

今回の記事では、長野の工務店でおしゃれな家づくりをしたいという方に向け、工務店で建てる家とはどんなものかをご紹介しました。

家づくりを検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

 

家づくりには、考えること、決めることがたくさんあります。

どんな家をつくりたいのか、どんな暮らしをしたいのか、モデルハウスや住宅展示場で住宅会社の担当者に相談してみましょう。どんどんイメージが膨らんでいくかもしれません。

そして、いろいろとコミュニケーションをとる中で、理想の家づくりができるような相性の良いパートナー会社を選んでいきましょう。